会社情報 事業概要 IR情報 採用情報 店舗一覧 グループ企業一覧 テンポス精神17ヶ条 お問い合わせ

2020年7月17日更新
 
 

早々に業績回復の兆し、厨房機器のネット通販「テンポスドットコム」

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上が減少していた厨房機器の通販サイトを運営する株式会社テンポスドットコムは、5月には業績が前年比を超えるまでに回復してきました。

コロナの影響で厨房機器の買い控えが増える中、テンポスドットコムはウィズコロナ対策として、①積極的な情報公開、②テイクアウト、デリバリー需要の獲得、③新規顧客の創出、この3点に注力致しました。

業績回復に伴い5月から止めていた本年度の給与改定も7月末から実施する予定です。

①全国の助成金・融資関連情報をいち早く公開

https://www.tenpos.com/c/special-contents1/about-coronavirus

2月末に飲食店様がすぐに実践できる新型コロナウイルス感染症対策をホームページに公開しました。また、持続化給付金をはじめとした国・都道府県の助成金情報も掲載。各制度の説明から各都道府県の問い合わせ先を掲載しました。現在も内容は随時更新しています。さらに、掲載した情報はテンポスの会員様14万件にメールを配信する等、プッシュ型の情報提供を心掛けて取り組みました。そのおかげで3月から6月の4カ月間で約21,000人の方にご覧頂きました。

②テイクアウト・デリバリー商材の特設ページを開設

https://www.tenpos.com/c/special-contents1/takeout

2月末にテイクアウト・デリバリーに必要な調理機器や容器の消耗品をまとめた特設ページを開設しました。特設ページでは単に商品を購入できるだけでなく、テイクアウト販売の衛生管理の注意点や、集客施策としてGoogleマイビジネスの登録を推奨するなど、お客様に寄り添ったページ作りを行いました。4月の消耗品合計の売上は前期152万円から今期493万円と3.3倍、特集ページ掲載商品である容器関連では、昨年7万円から100万円と15倍になりました。

③新規顧客の創出。BtoCの家飲み需要を新たに獲得

https://www.tenpos.com/f/lp/202005

「ステイホーム」で家飲みや料理への関心が高まる中、テンポスドットコムでは料理好きの主婦やセミプロをターゲットにBtoCのWEBページの集客に注力しました。ページの集客にはInstagramやFacebookを積極的に活用したことでSNS経由での訪問者数は4月~6月の3ヵ月合計では681人から3740人と前年比で5.5倍となりました。今後もBtoCに取り組むことで「テンポスドットコム」の認知度を上げ、ゆくゆくは新規開業の顧客獲得に繋がるものと考えています。

今後の見通し

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、4月の売上高は3割減となりました。しかし助成金の情報提供やテイクアウト・デリバリー関連商品の特設ページの公開などにより、客数は前年同月比で1.4倍を確保することができました。5月に緊急事態宣言が解除されると、買い控えしていたお客様の購入もあり6月にはほぼ例年の売上へと回復することができました。

まだ予断を許さない状況ですが、今後も①商品の探しやすさ、②お役立ち情報の提供、この2点に取り組むことで客単価アップ、成約率アップに繋げていく考えです。具体的には、「冷機器」「熱機器」というように商品のカテゴリー別に掲載している情報を、「業種別」で探せるようにしていきます。例えばラーメン屋であれば、「茹で麺機」「餃子焼き機」「ラーメン丼」「レードル」が同じカテゴリー内で探せるようにします。居酒屋、イタリアン、カフェ・喫茶の業種を追加していく予定です。

現在、テンポスドットコムを利用されている新店オープンのお客様の客単価は平均14万円ですが、業種別の商品ページを作成していくことで客単価を今期目標の100万まで引き上げていきます。一般的に新店オープンのお客様が厨房機器や店舗備品にかける費用は約450万円ですので、まだまだ成長の余地があると考えています。

株式会社テンポスドットコム
取締役社長 品川絵美
HP https://www.tenpos.com/

テンポスバスターズ採用ページ
テンポスドットコム
テンポスバスターズショップブログ